平板載荷試験をする極意|安心して生活するために必要なこと

作業者

地盤調査の方法

平板載荷試験は、土木や建設作業時に行う地盤調査の手法です。作業が予定されている場所の地面に設置した直径30cmの円盤の上に重機やコンクリートブロックを載せて荷重をかけ、沈下量を測定することで地盤の状態を判定します。

地盤の固さを確認する

空き地に建物を建てる際には平板載荷試験を実施して地盤の固さを調べなければなりません。基礎の深さまで掘って実施する試験であり、スペースを広く取る必要がありますがすぐに終わる試験でもあります。業者に依頼する際のポイントは雨の時期をずらして、晴れているときに依頼することです。

地盤調査を業者に依頼

地盤調査

掘らずに行う地盤調査

建物を建てる際には、その土地の地盤が建物の重さに耐えられるかどうかを調べなければなりません。その際にはボーリングなどで掘る必要は無く、平板載荷試験を業者に依頼するといいでしょう。平板を地面に置き、荷重をかけることでその地面がどれだけ丈夫であるかを確かめるのです。この試験によって最大荷重を調べることができ、安心して上に建物を乗せることが出来ます。平板載荷試験を業者に依頼する際のコストについては、あまり多くはかからないといえるでしょう。ボーリング試験と違って、銃器を使うことで荷重をかける試験となっています。多くの地盤調査の中でも平板載荷試験はとても手軽に行える試験であるといえるのです。そのため高層建築の場合にはまた別の試験が必要とされますが、アパートなどを建てる場合は十分信頼できる結果を得られます。平板載荷試験で準備するものは鋼板と、荷重をかけるためのオイルジャッキと重機です。いずれもすぐに用意できるのですが、十分なスペースが必要とされることは理解しておきましょう。また天候なども重要であり、雨続きのときに試験を行うと正しい数値は出ません。出来れば梅雨などの時期を外し、天気の良い日が続くときに平板載荷試験を依頼しましょう。地盤が緩んでいた場合も地盤改良は意外と容易に行えます。すでに建物がある場合に地盤を改良する場合と、これから建てる前の空き地の地盤改良をする場合では大きくコストが変わるのです。事前に行うことで時間とコストが抑えられるので、平板載荷試験は確実に実施していきましょう。

地盤調査の業者選び

安心して平板載荷試験を依頼できる業者探しをするときのコツは、見積もりをすること、電話やメールのやり取りで自分の不安を解消してくれること、こうした部分に重点を置くことをオススメします。SNSやホームページで料金やかかる時間を明記している業者も良いといえるでしょう。